もっと幸せになる

過去と今の自分 愛する家族とのこと 息子のお弁当 日常で感じたことなど

10月からわが家は大忙し・・・。でも、乗り越えてみると私って幸せ者だ~❤

この記事をシェアする

お久しぶりです もっちーです

最近はいろいろなことがあり、メインブログの運営で手一杯でした。

10月に実父が2度目の脳卒中で倒れ、約二か月間意識不明の重体でして。
その間に息子が家出したり・・・、ま~、夫の実家に4日間ほどお世話になっていたのですが。

私たち夫婦は、夫の親族と過去にいろいろあり離縁しております。

息子のことはとても可愛がってくれていたので、息子自身は夫の親戚のことは大好きなんですね。
離縁した理由は理解してくれていたし、会えない寂しさは何とか我慢してくれていたところ、私の実父がいつ亡くなってもおかしくない状態になってしまい、些細なきっかけで今まで我慢してきたのが一気に爆発して、家を出てしまったのです・・・。
「今、会いに行かないと後悔する」と潜在意識で感じたのでしょう。


息子にはとても我慢させている上、息子自身も我慢していることを顔や態度に出さないでいてくれていたことはわかっていたので、とても心配で心配で気が狂いそうになったけど、「身の安全を守れる場所に必ずいてね」ということをメールで伝え息子の家出を受け入れたのです。


ただ、初めの2日間は心配で苦しがっていたのですが・・・、3日目あたりから「あら? 私、なんか楽なんじゃない( ゚Д゚)⁉」と感じちゃいました。
息子はTwitterで、毎晩大好きな『艦隊これくしょん』関連のツイートをしていたので無事を確認できていたから、だんだんと食事やら洗濯やら息子の分がないだけで「超楽ちん♡」

料理が苦手だけど、無添加化学調味料不使用、遺伝子組み換え食品不使用、レトルト不使用、電子レンジ無しの環境で毎日必死に食事を作っていたので、特に食事に力を注いぎ、その他に洗濯・掃除、息子の反抗期の不安定さに付き合い、必死に子育てをしてきたので、もしこのまま「夫の実家で暮らす」と言われても「やるだけのことはやって出て行ったのだからしょうがないか・・・、寂しいけど・・・。」と、自分のやってきたことに後悔はなかったです。

4日目の夜に、「ごめんなさ~い ( ノД`)シクシク…」と泣いて帰ってきました。
一度も「帰ってきなさい」とは言わなかった、それでも、息子は自分の意志で帰ってきてくれたことが本当に嬉しかった。

夫と私は復縁はしませんが息子には息子の人生があるので、今後は夫の親戚と会いことを了承しました。
おかげで最近は精神的に少し安定したようで、自宅ではマシンガントークを炸裂しています・・・。(*´Д`)ちょっとうるさい


息子の家出騒動が落ち着いたら、その意識不明だった実父が12月4日に他界しました。

意識がないまま点滴だけで安定して生きていたのですが、病状が急変してあっという間に亡くなってしまいました。

葬儀や親戚に連絡、役所に諸所の手続きなどのことをこなしながら(まだ、終わってないけど・・・)精神状態が非常に不安定でして・・・。
父親が亡くなったことじたいは悲しくなかったのですが、なんせ毒親レベルの非常に高い人だったので。すでに他界している母親も毒親、「適切な愛情を貰えないまま私は一生を終えるのか・・・。」と思ったら苦しくって悲しくって、でも、親の介護から解放できた安堵感で、浮いたり沈んだりを繰り返していました。
私の心、忙しかったです(;´Д`)


40歳にして親の介護の心配がないのはありがたいです。
息子も葬儀の時は優しくしてくれたので、反抗期で不安定だけど「やっぱり良い子だな~♡」と感じさせてくれました。
夫もずーと支えてくれ、心の不安定に付き合ってくれていました。

私は一人じゃない。
親からじゃなくても愛情を注いでくれる人がそばにいる。


そう感じることができました。

私は、幸せ者です。





じょじょに安定してきたので、やっとブログ更新です。

今週は3者面談なのでお弁当はなし

今日の息子のランチ
f:id:shanti2003:20171215134506j:plain
キーマカレー
切干大根のサラダ
大根と大根葉のお味噌汁
安納芋(息子君の大好物)


お弁当も頑張って作っていました
ブログを更新するつもりで画像は残してはいたので、その一部をUP

f:id:shanti2003:20171215144126j:plainf:id:shanti2003:20171215144057j:plainf:id:shanti2003:20171215144047j:plain





今年は非常に寒いですが、どうぞ皆様お体に気を付けてお過ごしください。


ご覧頂きありがとうございます

私たち夫婦はアフリエイトに参加していません。

あくまでも個人的に「良いものだから知ってもらいたい」という思いで紹介しています。