もっと幸せになる

過去と今の自分 愛する家族とのこと 息子のお弁当 日常で感じたことなど

毒父、2度目の脳出血で倒れる!!

この記事をシェアする

もっちーです。

 

実は、私の父親が先週11日(水)に老人ホームから「倒れた」と電話が来たのです。

 

ちょうど一週間前です・・・。

 

やっと、心が落ち着きました。

 

初日は「今夜が・・・、最悪の覚悟をしておいてください」的な状況

 

すでに10年前、左脳に脳出血で右半身麻痺の体

 

今回は、逆の右脳に出血

 

搬送先のお医者さんも「意識が戻るのは絶望的」

「命が持っても、植物状態の可能性が高い」とのこと

 

 

もともと、体は丈夫で若いころは風邪すらひかない人だった

 

私が子どものころから、父が風邪で寝込んでいる姿を見たことがなかった

 

一週間たった今も、意識は戻らない・・・

 

体が丈夫だと、点滴だけでも1か月ぐらいは生きていけるらしい・・・。

 

 

 

とにかく、自分が辛いことしか言わなかった父親

 

夫と2人でいろいろしても気に入らず「お前は何もしてくれない」と言い放った父親

 

「お母さん(妻)は、こういうことはしなかった」などと、遠回しで私たちのやり方が気に入らないといって駄々をこねていた父親

 

同居中、デイサービスから帰宅後の玄関先で「俺はもう駄目なんだー!!」と泣き崩れても、その日のお夕飯を美味しそうに全部平らげた父親

 

「3か月後俺は寝たきりになる!!」と言っては、週に3日は2時間みっちり散歩に行っていた父親 (腹筋も50回ぐらいやっていたな・・・。)

 

他にもたくさんあるけど、もの凄い幼い子どものような人だったんだと思う。

 

それに振り回されていた・・・。

 

 

 

いろいろ思い返して、ものすご~く情緒不安定(躁鬱のような状態)になったけど、やっと落ち着きました・・・。

 

体が疲れるよりも、心が疲れる方がひどい状態になることを再認識。

 

さすがに今日はお弁当が作れず、息子に初めて「お弁当作れないから買い弁して」とお願いしちゃいました。歯をくいしばって頑張る生き方はやめたので。

 

さしあたり父親の状態は安定しているし、不安定になっても状況は何も変わらないので、いつもの生活に戻れるように自分の精神状態を安定させていきたいです。

 

まずは、明日の息子のお弁当からですね( ^ω^ )

 

 

ご覧頂きありがとうございます

私たち夫婦はアフリエイトに参加していません。

あくまでも個人的に「良いものだから知ってもらいたい」という思いで紹介しています。