もっと幸せになる

過去と今の自分 愛する家族とのこと 息子のお弁当 日常で感じたことなど

体調不良で学校お休み、でも風邪薬は飲ませません!!

この記事をシェアする

f:id:shanti2003:20170914101826j:plain

 

昨夜から「のどが痛い」と訴えてきた息子ちゃん

 

体育祭の練習と、体育の水泳、残暑

疲れますわな(-ω-)

 

息子は、部活も塾もやっていませんが

他のお子さんは、部活に塾に、

塾以外の習い事をしているお友達もいるとか・・・

 

過去を振り返ると、中学時代が一番ハードかもしれないな~

常に親が監視していて、あーしろ、こーしろとうるさく言われた。

特に、学業に関しては大騒ぎしていたな(~_~;)

 

 

 

ちなみに、わが家には薬はありません

f:id:shanti2003:20170914105517j:plain

医薬品的なものであるのは

コンタクトの保存液と絆創膏ぐらい

 

世間では、風邪・腹痛・頭痛・吐き気・下痢などなどの

症状がでたら、そく薬を飲みます

私の周りにいる人は、ほぼ100パーセント

飲まない人なんて私と夫ぐらいで、「変な人」扱いです

でも、負けません

 

くすりって、その症状を抑えるだけであって

効き目が切れたら、また症状が現れる

だから「くすりを飲んだから治るって」て

正直、安易すぎる

 

でも、世間は「くすりを飲んでるから大丈夫」て言いきってる

 

高血圧になった人が、薬局で必ず言われること

「忘れずに、飲み続けてくださいね。」

いつまで? 飲んだら治る なんて言われない

 

くすりを飲んでいる間は、血圧が安定しているのは当然

飲まなければ、血圧が上がる

じゃあ、一生飲み続ける必要があるってことじゃん

 

これを、おかしいと思う人がいない

 

私の父は、頻尿のためのくすりと、便秘のためのくすり

両方を飲んでいた時期がありました。

総合病院の泌尿器科と内科でそれぞれの症状で受診し

処方してもらっていました

 

同居をしていた時期に

とにかく父の便秘がよくなるように

食事に気をつかっていたが(夫ですけどね)

改善されないので、副作用のことを調べていたら

 

頻尿のくすりの副作用

口渇(口腔内乾燥)、便秘、霧視などが生じる可能性があります。

と書かれている・・・ 便秘だと・・・

 

 

高齢者の上に、右半身麻痺(脳卒中の後遺症)の体なうえ

トイレの回数を減らすために水分を控えていて

くすりの副作用で便秘をさらに引き起こす

 

治すどころか、病状を増やしているじゃないか(; ・`д・´)

 

そんなこんなで、くすり不振です

 

ま~、それだけではないのですが

父の体を健康状態に戻すために

夫が必死に勉強してくれた結果

 

くすりは病気を治せない

治すのは自身の自然治癒力である!!

 

なので、3~4年前からわが家から

くすりがきえ、梅の黒焼きや酵素ジュース

最近ではビワの葉を35度の米焼酎につけたもが

くすり代わりになっています


f:id:shanti2003:20170914115115j:image


f:id:shanti2003:20170914115143j:image

ビワの葉は、山口県上関町祝島から取り寄せました

 

だいぶ長くなったので、最後に

 

くすりは病気を治すのではなく

症状を抑えるだけ

つらい症状が治まっている間に

しっかり休息・休養するべし!!

 

風邪薬を飲んで、症状が治まっている間に

仕事や学校に行っていたら

そりゃ~、治りにくいわけですよ

(よくそんな話も聞きますが・・・)

 

健康関連の話は

夫が何年もかけて勉強してくれ

私に教えてくれたので

また、記事にしていこうと思います

 

 

ご覧頂きありがとうございます

 

夫と2人で運営しているメインブログも公開中

shanti2003.hatenablog.com

 

私たち夫婦はアフリエイトに参加していません。

あくまでも個人的に「良いものだから知ってもらいたい」という思いで紹介しています。